島の旅社」は伊勢志摩国立公園鳥羽離島*答志島・菅島・坂手島・神島への旅をご提供します。

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは TEL.0599-37-3339
  • お問い合わせ
  • 島の旅社について
  • サイトマップ
  • HOME
  • 浮島自然水族館
  • 島人にふれあう体験
  • 豊かな体験活動
  • 定期船のダイヤへ

漁村の風景と海の幸を味わう! 島人にふれあう体験

まるで迷路のような細い路地には島の暮らしがいっぱい詰まっています。
子どもたちが遊んでいたり、網仕事をしている人に声をかけたり、島の手押し車「じんじろ車」で魚や野菜を運ぶお年寄りに出会うこともあります。
家の玄関には「マルハチ」のマークや魔除けのイワシなどが掛けられ、歩くだけで島人が暮らしのなかで大切にしてきたたくさんの宝物に出会います。

海女小屋 牡蠣プラン

旬のごちそう「牡蠣(桃こまち�)」
海女の手で焼かれた海のミルク「桃こまち🍑」を食べに是非お越し下さい!お待ちしております
1月9,14,15,21,22,28,29日 2月4,5日開催!
詳細へ
囲炉裏を囲んで海の幸を味わう海女小屋体験。
お昼の時間に合わせて計画してください。
伊勢エビやアワビなど旬の海の幸をメニューにした
特別プランは開催日を要チェック。
詳細へ

路地裏つまみ食い体験と海女小屋

路地を歩きながらスタッフが島の暮らしや文化を案内します。途中には、つまみ食いできる島の味をご用意!
散策のあとは海女小屋でお昼を!!
詳細へ

路地裏散策

島の細い路地をスタッフと一緒に歩きます。
もちろん「つまみ食い」の逸品もご用意しています。
詳細へ

答志島の路地チェック

サンデの底
 細い路地の行き止まりの場所。そこを島人は「サンデの底」と呼びます。この「サンデ」とは「サザエ」の意味。サザエの殻の先っぽに例えています。そしてサザエの蓋の部分を「ハナイチ」と呼ぶことから、サンデの底への入り口はもちろん「ハナイチ」です。これは子どもたちでも知っている島の常識なのです。

じんじろ車
 島の必須アイテムです。車が入れない島の細い路地を荷物を持って移動するときにはこの「じんじろ車」と呼ばれる手押し車が欠かせません。鍛冶屋の甚次郎さんが考案したのでその屋号が名前の由来だとか。呼び方も少しずつ違うので、島人に聞いてみて。形や大きさ、値段などバリエーションもあります。

  • BLOG 島旅日記 「島の旅社」かあちゃんの日記を公開中!
  • 島のレシピをご紹介!一日一品 かあちゃんレシピ